FC2ブログ

脳内すべて「悩」(予約と購入で)

美少女ゲームの購入検討と使用感についてのメモです。 月の購入本数 3 本以内を続けること、抜けるゲームを探すことを目標としています。 ※記事とリンク先に18禁要素を含みます。18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年10月プレイ状況  

10月末ですが、7月までのプレイ状況を簡単にまとめておきたいと思います。
(現在は「ワルキューレロマンツェ」を中心にプレイ中です)

2011年6月「euphoria」総合評価3。全クリア済。ストーリーは予想を良い意味で裏切る展開で、抜き目的は脇において文章を追っていた。Hシーンは特殊なものが多く、自分には使えるシーンは少なかったが、テキストやシステムは相変わらずの高クオリティだった。残虐要素(ギロチン、圧迫等)があったので、オプションの「表示OFF」機能を使用した。(それでもCGモードにはOFFされた画像は登録される)
原画のはましま薫夫氏が本作でCLOCKUPを離れるのは残念だったが、原画集が出たのはよかった。(購入済み)

2011年7月「えむっ娘シスターズ」総合評価3。前作並みのクオリティで価格的にもバランスがとれていてよかった
。眼鏡キャラクターがいなくなったのは自分にとってはプラスで、同路線のミドルプライス作品に今後も期待したい。

2011年7月「ぬぷぬぷ母娘みっくす」総合評価4。CGの使い回しが気になったが、主人公(未経験)のテキストがすごくツボに入った。一番よかったのは、触手物が多かったあおじる氏が純愛系の原画を担当したというところで、同じスタッフでまた作品を作って欲しい。

2011年7月「黒虹本」購入のみ。未プレイ。同じ本形式の「裏催眠術2」からプレイする必要あり。

2011年7月「禁断の病棟」「おさこん」「ハラハラしちゃう」総合評価2。アトリエかぐやで同時発売された3作を、色紙引き換えキャンペーンの締切(8月16日?)までに購入。各作品ともCGの構図、塗り、テキストの各要素で何かしら物足りないところがあり、印象に残らなかった。

2011年7月「戦国天使ジブリール」総合評価2。欠かさず購入しているジブリールシリーズの第5作目、今までのシリーズキャラクター総出演というところでコミカル度があがったが、H度としては低くなっていたと感じた。


追記:先月投票した美少女ゲームアワード2011で、プレゼントに当選しました。(Tシャツ)
[ 2011/10/31 23:50 ] プレイ記録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。