FC2ブログ

脳内すべて「悩」(予約と購入で)

美少女ゲームの購入検討と使用感についてのメモです。 月の購入本数 3 本以内を続けること、抜けるゲームを探すことを目標としています。 ※記事とリンク先に18禁要素を含みます。18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビーチクビーチ 

Clockupの中間価格(定価4,620円)のゲームで、手軽にできると思ったのでプレイしました。パッケージ表には「裸にさせて何が悪い」とのキャッチコピーがあり、当時の時事ネタを意識したことが見てとれました。

(5段階評価)
ゲーム性:2
 攻略キャラの選択が毎回出るので、それを選択して進めるだけで攻略できた。
シナリオ:2
 撮影した相手が欲情するというフィルムを使って、アイドルとHするという設定はいいとして、フィルムを手に入れることになった理由、目的がよくわからなかった。また、Hしたあとのアイドルとの関係がどっちつかずの内容という印象があった。同じ撮影に参加しているメンバの口調が、どこかで見た気がする(「~だってばよ」等)ものがあって、面白かった。
キャラクター:3
 口数が少なく毒舌の黒羽楓が一番良かった。回想モードが一番多く、パッケージに単独で載っていたので、メーカーとしてもお気に入りなのかと思った。
サウンド:3
 特に感想はなし。
抜き度:2
(原画):3
 絵は安定していたので、構図的にもう少し直接的なものが欲しかったところ。 
(塗り)3
 普通の塗りだった。
(テキスト)3
 パッケージでうたっているとおり、卑語の消しがなかったが、セリフは多いほうではなかった。一シーンイベント絵が一枚なので、シーンのボリュームが少ないと感じた。 
(システム)5
 常に声が出ており、出すまでのクリック数が表示されたり、メッセージウィンドウが移動できたりと、至れり尽くせりの良システム。他メーカーもこのレベルで実装してほしいと思うほどの出来。
(モザイク)2
 ぼかしてからモザイクをかけたように見え、ドットも大きめ。ヘアは男女ともになし。 

総合評価:2
 Hシーン数は30以上、総CGは300枚を超えている(ほとんどのシーンで中外の選択が可能)ので、ボリュームは価格としては充分だと思ったが、H度という面ではあまり興奮しなかった。
 
その他メモ
購入理由:抜き
プレイ開始:2009年8月10日
プレイ終了:2009年8月13日
プレイ時間:約3~4時間
[ 2009/08/14 19:24 ] プレイ記録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。